カラコンを安全

カラコンを安全に使うための秘訣

カラコンをする際に重要なこと、それは自然にフィットしていることではないでしょうか?

いくらナチュラルにみえるカラコンでも、ずれることが多く盛ったのが丸わかりでは、かなしいものがあります。

とはいうものの、カラコンはずれることが多いと感じている方も多いかと思います。

そんなカラコンの人気というのは、いくつかのものが考えられます。

・カーブの不一致
普通のコンタクトも、カラコンもカーブには数値が設定されています。

人それぞれ、眼球のカーブの具合がちがいますので、眼球にあわされた数値のカーブのコンタクトを購入することになるのです。

しかしカラコンは通販などで購入することが多く、処方箋をだしてもらうことなく購入をすることができます。

そのため、カラコンを購入するときに、自分にはあっていないカーブのカラコンを購入してしまい、その結果ずれてしまいやすくなるということが原因の一つとなります。

・汚れなどがある
カラコンを何度も入れなおしたり、化粧をしてから入れたりしている場合、汚れがきちんととれていないということがあります。

またお手入れの方法が間違っている、あまりしていないと汚れがつきっぱなしになります。

その結果、カーブなどがあわなくなったり、なんらかの要因も含めてカラコンがずれやすくなるのです。

・炎症などがある
ものもらいや、イボのようなニキビのようなものが瞼の裏側にできたりすることがあります。

カラコンをしているときに、そういったものがあったりするとそれにひっぱられる形でカラコンがずれたりすることもあるのです。

カラコンがずれてしまう原因としては、上の3つが考えられるものとなります。

カーブの不一致からくるカラコンのずれは、ずっと直ることはありませんので、一度眼科で処方箋をだしてもらうか、普通の度ありのコンタクトなどを使用してカーブを確認するか、してみましょう。

Fall in Eyez